マイジュンバン導入事例 – アリオ札幌 みやじま眼科


マイジュンバンの導入前は、患者さんに待ち時間を口頭で説明して診察開始の目安となる時間に戻って来てもらっていました。 しかし、土曜日曜等は待ち時間の長いため帰ってしまう患者さんもいて、口頭説明だけでは患者さんは順番待ちができないと感じていました。

待ち時間に外出している患者さんも多かったです。そのため新規で受付に来た患者さんに待ち時間を案内しても、院内には患者さんが少ないのに何故そんなに待つのかと納得されていない部分もありました。

この問題を解決するために、検索エンジンでマイジュンバンを見つけて導入しました。

当院でのマイジュンバンの利用方法ですが、まず受付を感染防止のためスタッフが行っています。 受付の際に、患者さんへは別途用意した番号札を渡しています。 同時に、順番待ちが確認できる マイジュンバンの QR コードを印刷した外出用紙もお渡ししています。 そして、マイジュンバンの自動電話での呼び出しを希望される患者さんには、電話番号をお聞きしています。

クリニックでは待ち状況が確認できるモニターも、二台設置しています。 一つは院外の入り口に、もう一つは待合室です。

マイジュンバンを導入してからは、診察を諦めて帰る患者さんが減りました。 患者さんにも電話での自動音声呼び出しは非常に好評です。 新規に受付される患者さんも、クリニック内のモニターから待ち状況が一目瞭然なため、待ち時間をお伝えしても納得していただいています。 また、自動音声での電話呼び出しのお陰で、受付後に安心して院外で待ち時間をつぶして頂けるようになりました。

クリニックのスタッフにも、患者さんを診察内容別に表示できて、並べ替えも使いやすいので、分かり易く便利です。

iPad さえ準備すれば、初期費用がかからず、月々の運用費用も安く抑えられているので、マイジュンバンには満足しています。

日々の使い勝手も良く、追加料金なく利用できる様々な機能にも満足しています。 待ちリストのモニター表示がアップグレードされて、より多くの待ち状況が表示が出来るようになったのには助かっています。

中村律子 さん
アリオ札幌 みやじま眼科
〒065-8518 札幌市東区北7条東9丁目2番20 アリオモール 1F
http://www.ario-sapporo.jp/web/shop/f-840.html
マイジュンバン導入事例 – アリオ札幌 みやじま眼科
Tagged on: