マイジュンバン バージョンアップ 1.1.10

マイジュンバン バージョンアップ 1.1.10

マイジュンバン バージョンアップ 1.1.10 下記機能が追加されました。 * 「お客様セルフ受付」で「数字入力」(診察券番号等)が可能に。 *  受付数の上限設定が可能に。 * 「お客様セルフ受付画面」各画面の待ち時間(タッチされない時の滞留時間)が長く。 * お客様画面、オンライン受付、ウィジットに表示される OFF 時のメッセージ文字数上限が、30文字から45文字に。

マイジュンバン導入事例 – オールドコースこすたりか

マイジュンバン導入事例 – オールドコースこすたりか

マイジュンバン導入事例 – オールドコースこすたりか Q. 現在、マイジュンバンをどのように運用していますか? iPad を受付機にして、来店したお客様に画面をタッチして受付して頂いています。 スタッフの管理用には iPhone を使っています。 また、来店前にお客様の携帯電話から受付出来る、オンライン受付のQR コードを印刷したチラシも準備して案内しています。 受付の際は、待ち数が 5 組以上の場合だと、電話呼び出しのサービスを受付画面に自動で表示するよう設定しています。  

パートナー制度

パートナー制度

パートナー制度 マイジュンバンでは、順番待ちアプリケーションを様々な業界やお客様に広めて頂けるパートナーを募集しております。一例として紹介パートナーのようなアライアンスも可能です。 紹介パートナー マイジュンバンをクライアント様にご紹介頂きます。ご紹介頂いたクライアント様を弊社に取り次いで頂き、紹介手数料をお支払いいたします。手続きは弊社で行いますので手軽に行うことができます。 まずはお問い合わせください 成功報酬型でノルマなどはございません。ご提案内容に応じて柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にお問い合せください。 お問い合わせフォーム

マイジュンバンのシステム構成

マイジュンバンのシステム構成

利用方法 主な特徴 機能リスト システム構成 システム構成 この記事ではマイジュンバンのシステム構成について解説いたします。     マイジュンバンの負荷分散システム   マイジュンバンではピーク時に大量の順番待ちが発生するようなケースにもアプリケーションに遅延が発生しないよう、ロードバランサー(負荷分散装置)を導入しております。このロードバランサーは順番待ちの処理を待ち受けて複数台のアプリケーションサーバーに均等に処理を分けることで負荷分散を行っています。またこのロードバランサーは複数台設置されており、例えば1台がダウンした場合でも他のロードバランサーが順番待ちの負荷分散処理を継続できるようになっております。   マイジュンバンの堅牢なサーバー構成   順番待ちの実際の処理はアプリケーションサーバーで行われます。このアプリケーションサーバーもクラスタ構成(複数台構成)となっております。1台または複数台のサーバーで何らかの障害が発生するようなケースが起きた場合、問題のあるサーバーはサービス提供環境から自動的に外れて、残った正常なアプリケーションサーバー群で処理が行われます。

マイジュンバン導入事例 – リトルプラネット (テーマパーク)

マイジュンバン導入事例 – リトルプラネット (テーマパーク)

マイジュンバン導入事例 – リトルプラネット (テーマパーク) Q. リトルプラネットはどのような施設ですか? 「アソビがマナビに変わる」をコンセプトにAR/VRなどの最先端テクノロジーを駆使した日本初のおとなもこどもも楽しめる体験型知育デジタルテーマパークです。ららぽーと立川立飛の一階にて期間限定での開催となっております。 Q. 順番待ちシステム 「マイジュンバン」をどのように運用していますか? 混雑して入場制限を行っている際に、入場順番待ち受付として、入り口に設置したWi-Fi接続のiPadをお客様ご自身で受付(セルフ受付)していただいております。案内できる段階になり次第こちらから自動音声電話でお呼び出しをおこなっております。スタッフは管理用にはWi-Fi接続のiPodtouchを使っています。

マイジュンバン導入事例 – 上野幌ペットクリニック

マイジュンバン導入事例 – 上野幌ペットクリニック

マイジュンバン導入事例 – 上野幌ペットクリニック Q. マイジュンバン導入前、混雑時はどのような状況でしたか? 待合室で2~3時間待たれる方もいらっしゃいましたが、長時間待っている方などは、自宅に一度帰られたり、違う日に出直してくださったりしておりました。  混んでいても多くの患者様にはクリニック内で待っていただいてましたが、家で待たれる方には、スタッフが電話をかけて呼び出ししておりました。

マイジュンバン導入事例 – おひさまこどもクリニック

マイジュンバン導入事例 – おひさまこどもクリニック

マイジュンバン導入事例 – おひさまこどもクリニック Q. 現在、マイジュンバンをどのように運用されていますか? オンライン受付が 4-5 割程度、直接来院はスタッフが入力しています。 待合室モニター2台で待ち状況表示をしています。オンライン受付で遅刻の患者さんは、受付がメールで呼び出しています。 ホームページには混雑状況の分かるウィジェットを貼り付けています。A社のシステムからの変更はスムーズにできました。

マイジュンバン導入事例 – ヘアサロン Breath

マイジュンバン導入事例 – ヘアサロン Breath

マイジュンバン導入事例 – ヘアサロン Breath 当店では、お客様に待っていただくスペースが手狭なので、混雑時には様々な問題が発生していました。 最も大きな問題は、待合室の椅子が一杯だと、折角来店されたお客様が帰ってしまうことがあったことです。たとえ、椅子に空きがあっても、間を開けて座るお客様が多く、順番が分かりづらくなることも発生していました。また、窓側から座る傾向もあって、お店の外から見ると混んでるように見えることも問題でした。

マイジュンバン導入事例 – アリオ札幌 みやじま眼科

マイジュンバン導入事例 – アリオ札幌 みやじま眼科

マイジュンバン導入事例 – アリオ札幌 みやじま眼科 マイジュンバンの導入前は、患者さんに待ち時間を口頭で説明して診察開始の目安となる時間に戻って来てもらっていました。 しかし、土曜日曜等は待ち時間の長いため帰ってしまう患者さんもいて、口頭説明だけでは患者さんは順番待ちができないと感じていました。